岩城製薬株式会社ホームページへようこそ
岩城製薬株式会社
サイトマップ English
TOP 受託 会社案内 事業内容 製品情報 技術情報 採用情報 トピックス グループ
TOP > 受託 > 医療用・一般用医薬品・治験薬受託 > 製剤技術について
医療用
一般用薬品
治験薬委託
製剤技術に
ついて
主要設備に
ついて
治験薬について
研究委託に
ついて
医薬品原料
ファインケミカル製品
治験薬委託
主要反応に
ついて
主要設備に
ついて
静岡工場に
ついて
研究委託に
ついて
受託 医療用・一般用医薬品・治験薬受託
製剤技術について
岩城製薬は長年にわたる外皮用剤の研究及び様々な剤型に関する技術を蓄積しています。成分の性質等を考慮し、最適な基剤と製法を選択致します。
成分の化学的安定性はもちろんのこと、製剤の物理的安定性、外観、使用感、有効性等全てを考慮して設計します。
外皮用剤に関しての生産・研究について一度ご相談下さい。
外皮用剤 剤 型 技 術 備 考
軟膏剤 分散 成分の安定性・有効性(皮膚透過性)により様々な分散方法を選択します。
使用感 硬さや伸びで使用感は大きく異なります。最適な使用感を目指せます。
クリーム剤
ローション剤
液剤
O/W型、W/O型基剤 クリーム剤はいずれでも可能です。
基剤安定性 長年にわたる乳化系製剤の研究により、安定な基剤選定技術を確立しております。
分散 軟膏剤と同様に成分の安定性・有効性(皮膚透過性)により様々な分散方法を選択します。
使用感 硬さや伸びで使用感は大きく異なります。最適な使用感を目指します。
お問い合せ ●サイトマップ ●プライバシーポリシー Copyright by Iwaki Seiyaku Co.,Ltd.All rights reserved